需要のあるワンルームマンションを売却する流れ

  1. ホーム
  2. 手続前に知っておこう

手続前に知っておこう

メンズ

実現させるためのポイント

住宅ローンの支払いが困難となった時に、住宅を売却することにより、ローンの支払いを軽減させる方法があります。相場に近い価格で売却することが出来ることや状況によってはそのまま住み続けることが出来るということもあり、選択する人が増えているとも言われています。その方法が、任意売却という方法です。任意売却は全ての住宅ローン滞納者が行うことが出来るわけではありません。その理由としては、手続きを行うためには、住宅ローンの融資元である金融機関の同意が必要となるためです。また、住宅ローン利用時に保証人がいたという場合には、同様に許可を得ておく必要があります。任意売却を行っても、住宅ローンが残る可能性はゼロではありません。その際には、任意売却後に無理のない範囲で返済を進めていくということになります。その為、任意売却で売却をすることが出来れば、それで全てが解決するということではありませんので、注意が必要でしょう。任意売却を行うという場合には、手続き後の住宅ローン残債の支払いについてもしっかりと話し合いをするようにしましょう。手続きについては、専門の業者に依頼するというのが一般的です。住宅ローンの融資元が業者を紹介してくれることもありますが、時間や手間がかかっても自分で業者を探したほうが、様々な要望に対応してくれる業者を見付けることが出来る可能性が高いと言われています。多くの人は初めて手続きを行うはずですので、丁寧に対応してくれる所を選びましょう。