需要のあるワンルームマンションを売却する流れ

  1. ホーム
  2. マレーシアで人気の町

マレーシアで人気の町

インテリア

シンガポールから約30分

ジョホール州はマレーシア半島の南にある人口約280万人の州です。この州の州都のジョホールバルはマレーシアの首都クアラルンプールにつぐ大都市として注目を集めています。なぜならジョホールでは2006年から2025年にかけて「イスイスカンダル・マレーシア計画」という開発計画が行われているからです。この開発計画はマレーシアとシンガポール両国の共同開発で投資総額は2016年までで約6兆円という大規模なものです。開発の内訳は教育、不動産、病院、金融、工場、レジャーと多岐にわたっています。2012年にはイギリスのパブリックスクールやアジア初の世界的に有名なテーマパークが誕生しました。将来的にはマレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを1時間30分で結ぶ高速鉄道の駅の中にジョホールバルの駅をつくる計画も立てられています。ジョホールバル、ジョホール地区はシンガポール中心街から約30分の場所にあるため不動産価格の面でも注目されています。その理由として世界的にも高額なシンガポールの不動産価格に比べてジョホールの不動産は5分の1から10分の1程度の価格だからです。そのためシンガポールの中心に住むよりも郊外での生活を考えたシンガポール人が物件を購入したり、不動産の価格上昇を見込んだ世界中の投資家たちが投資のために物件を購入しています。個人でジョホールやジョホールバルで物件を購入したい方には日本語で利用できる不動産サイトもあります。